Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風邪...

うーん。 なんだか体が重い。


ピーマンの一件から、ずーっと喉が痛かったんですが
昨晩より鼻水も加わり...軽く風邪ひいてしまったようです。

最近は気温の変動も激しかったし、雨に降られながらも
いろいろ動き回って疲れも溜まってたのかなー。



けど、そんなことは言ってられない!!


今週はイベントが盛りだくさん。

明日より村を回っての蚊帳調査開始、
金曜から1週間かけて他隊員の活動見学へ。
そして、帰ってきたら再び蚊帳キャンペーン。


気合いで治さねばっ

今夜は おいしいもの食べて早く寝ます。



ちなみに
ゴーや
同期の子から種を貰って植えたゴーヤ、まだまだ小さいの。
雨季が終わるまであと1ヶ月。
ちゃんと実をつけてくれるかなー?
スポンサーサイト

昨日の夜中から ずっと雨が降っています。
今日は3日に1度のマルシェの日なのに...
kumo.jpg
7月までは雨が降るといっても夕方以降、夜中にかけて
どばーっと降り、朝になるとカラッと晴れる感じでした。

8月に入ってからは、朝から長時間降ることも多くて
常に 空を気にしながら行動してます。

ブルキナベ予想だと、今日はあと2~3時間で止むそうです。
ホントかよ~?!
sora2.jpg

ニームクリーム作り

Targho タルゴ診療所で

乳幼児健診に来たお母さんたちを対象に
ニームクリームの講習会をしてきました。

Neem ニームとは、(左がニームの樹)
カリテとニーム
インド亜大陸原産で痩せ地でも育ち暑さに強い植物。種子、樹皮、葉には殺菌消毒作用、抗ウイルス作用、解熱作用、抗炎症作用、抗潰瘍作用、抗菌作用などの効能が証明された化合物を含んでおり、害虫対策としても使用されているらしい。

その、虫の嫌いなニームを使って作ったクリームを
肌に塗れば、蚊に刺されにくいんじゃないかという単純な発想です。

科学的根拠がちゃんとあるのか、よくわかりませんが(無責任でごめんなさい)実際、自分の手足に塗って実験したところ、確かに蚊にかまれにくかった気がします。はい、そんな気がします。



で、本日集まったお母さんたちは90人弱。

いつもの健診は20~30人なので3倍です!

まず、助産師さんにマラリアの話をしてもらって
続いて、ニームクリーム作り。
DSCF2694.jpg
材料はニームの葉、カリテバター、石鹸、水

私がフランス語で説明し、それを助産師さんがモレ語に訳して
簡単なので 20分ほどで完成。
(写真撮るの忘れてたので、また次回載せます)

で、袋詰めして50コ弱できたのですが、、、
お母さんたちは90人、当然足りません。

困った、、、
けど、講習会の目的はできたものを配ることじゃなくて、
作り方を覚えてもらって家でも実践せてもらうこと!

なので、「簡単だから家で自分で作ってね!」と伝え終了!

はたして、何人のお母さんが実践してくれるかな...?


その後、助産師さんと反省会。
targho1.jpg
ビールを飲んで、おいしい羊肉を食べてきました。

ピーマン

いやー、まいったー。

今度は、ピーマン (唐辛子)に やられました。
pimann.jpg
こんなかわいい形してるのに、
こいつ、けっこう くせもの なんです。

料理を作る時、この生ピーマンを1~2コ鍋に入れて煮込むんですが、これが、かなり 辛い
食べすぎると下痢になることもしばしば。
なので、煮込んだ後は取り出してよけておき
直接は食べたりはしないのです、通常。

 
けど、昨日はなんとなしに食べちゃったんですわー。

これまでに何度か食べたことはありました。
いつものパターンだと、口の中→喉→お腹が順に熱くなって
 ...その後 軟便になる。
 (※便秘気味の人にはいいかもしれませんね。)


しかし・・・昨日のピーマンは一味も二味も違いました。

食べて5分後、尋常じゃない胃の痛みに襲われ
トイレに駆け込み、床でうんうん苦しみ
そして、さっき食べた物をすべてリセット。

そのまま、痛みと吐き気に意識が遠のいていき…

いやー、苦しかったっ!!!

トイレの床で寝たのは これが2回目。
(ごめんなさい、変な話を。あまりにつらかったもので)


 ※1回目は 赴任2日目。
  村人に勧められるままに飲んだ「ドロ」というお酒が原因でした。



というわけで、本日も家で療養します。
んんーっ、胃が痛い
久しぶりにおかゆを作って食べよーっと。



※ブルキナベはピーマンが大好き。
生ピーマンの他にも、オイルで漬けや乾燥ピーマン があり
レストランでも自宅でも常に常備してあります。
piman2.jpg

診療所紹介

只今、4か所の診療所に通って活動しています。

もう何回かブログに書いたところもあるんですが、
整理して紹介しときます。

Pissy ピッシー診療所
PISSY1.jpg
自宅から19㎞、バイクで30分ちょい。
乳幼児健診、地域保健ボランティアとの家庭訪問、村での予防接種、各種キャンペーンなどなど、週2~3回は通っていて、スタッフにはご飯食べさせてもらったり、何かとお世話になっている所。
 
Kougpaka クパカ診療所
KOUG.jpg
自宅から12㎞、通ってる中で一番近い診療所。
師長さんは女性で、サバサバしてて気持ちいい。
けど、スタッフの仕事に対するモチベーンは低い。
全体に受診率が低く、若いママ・低出生体重児が多い印象。
 
Targho タルゴ診療所
Tar.jpg
自宅より18㎞、バイクで約40分。
毎週木曜の乳幼児健診(Pissyと同じ日なので2週間毎)とマラリア啓発を行っていて、今後は小学校での衛生教育も計画中。
栄養不良児が多い。
几帳面で仕事のできる師長(写真左)は早口で話をするときは大変だけど、熱心で協力的。

Kounda クンダ診療所
KOUN2.jpg
獣道を通ると17㎞くらいだけど、雨季は沈没しているので通行不能。Pissy(19km)+7㎞。または、この道も通行不能になれば、遠回りして32㎞。(8月17日のブログ参照)
私は毎週火曜の乳幼児健診のみ参加。
住み込みの掃除のおばちゃんがいて、診療所内の掃除・整理整頓ばっちり。このおばちゃん、雨の中でもビニールシートかぶって畑仕事したり、本当に働き者!!
そして、どこで覚えたのかフランス語が話せる!
KOUN.jpg

こんな感じです。
診療所・村ごとにぜんぜん雰囲気も違い、抱えている問題もさまざま。まだまだコミュニケーション不足で失敗することも多いけど、少しづつ改善していけたらと思っています。

いやー、まいった まいった。

昨日は雨季のすごさを思い知らされた1日でした。


いつものように村の診療所で乳幼児健診をしていました。

9時過ぎに首都にいるブルキナベから電話がかかってきて、
「こっちは今豪雨だから、そっちも激しくなるかもしれない。
早く仕事を止めて自分の家に帰った方がいい!」
と、親切な「警告」をいただきました。
※首都ワガとサポネは35㎞しか離れていないので
 首都にいる雨雲が1時間後サポネに来ることがよくあるのです。

けど、この日は診療所スタッフが1人しかおらず、
彼女は一般診療を、私が1人で乳幼児健診をしていたので
途中で止めるわけにもいかず、天気を気にしながらも仕事を続けていました。

そして、雲行きが怪しくなり、警告通りの豪雨。

雨は1時間ほどで小降りになったのですが、

外に出てびっくり。道がない!そこらじゅう水たまり。
kaawa.jpg

まさか?!

と思っていると、村人は慣れた様子で
「2~3時間待てば通れるようになるよ、大丈夫」と言います。

そこで昼寝をして待つことに。


待つこと3時間。少し水は引いた気もするけど...

膝丈浸水約1㎞。

こりゃバイクじゃ通れないや...どうしよう。
と、困っているところへ村人登場!!
「バイクを抱えて運んでくれる」と言うことで
かーなり重ーいバイクを運んでもらいました。
baiku.jpg
本当に親切。ありがとう、村人たち。

その後、いつもの道は通行不能ということで
遠回りをし、3回も村人にバイクを運んでもらいながら
32㎞の道のりを2時間かけて自宅にたどり着きましたー。

いやー、疲れた。

けど、無事帰ってこれてよかったー。


ということで、本日は自主休業。
家でデータ整理等しながら、のんびりしてます。

家庭訪問

7月より村の保健ボランティアと一緒に
村を回ってのマラリアの調査を始めました。

※1つの診療所ごとに4~8くらいの村があって、
 1つの村に2人づつの保健ボランティアさんがいます。

今回はいつも行っているPISSY村での調査。
DSCF2786.jpg
土と藁でできた家を1件1件訪ねて行きます。

ブルキナでは昨年、妊婦さんと5歳未満のこどもたちに
蚊帳の無料配布を行いました。
この調査は、それがきちんと使用されているか、
マラリア予防に対する知識、住居環境はどうか
確認・アドバイスをするというものです。

DSCF2734.jpg
思っていた以上に蚊帳の使用率は高い!
けど、穴があいていたり きちんと使えていないとこも。
44件中3件は使用せず袋に入ったままでした。

DSCF2751.jpg
庭に不要なものがごちゃごちゃ置いてあったり。
空き缶や土の窪みなどの水たまりで蚊が繁殖しないように
キレイに片づけしましょうね! 



昨日は気がつかなかったけど・・・


朝起きてみると、小包の中に1枚の紙切れが。


「さみしいと思うので 弟の写真送ります」


で、この写真付き。
小包
 


わわ~っ 朝からウケる~(笑)

ありがと。

日本食

またまた 食事の話。

今回は「ブルキナベ」と「日本食」 

赴任当初から、職場の同僚や友達に
「日本では毎日何食べてるの?」
「日本食が食べたい」
と言われることが多々あり。

初めのころは 人を家に呼ぶのは抵抗があったし、
乾季で野菜はないからレパートリーはないしってことで
「日本人は野菜が大好きだから、
野菜が手に入らないと日本食は作れない」
とうまくごまかしていたんですが。。。
雨季に入り そうも言ってられなくなり

最近はよくブルキナベのために
というか、自分も食べたいから日本食も作ってます。

カレー、シチュー、丼物、チャーハン、ソーメン
インスタントラーメン、煮物、酢の物、あえ物 etc
DSCF2429.jpg
なすとムトンのケッチャップ炒め

DSCF2419.jpg
豚とじゃがいもの煮物

親子丼
親子丼(ムトン)


今までで一番評判が良かったのは「ぎょうざ」

あと、先輩のお別れFeteでお手伝いした時の「くし揚げ」
kusi.jpg

仲良しの子がイスラム教徒(豚ダメ・酒ダメ)なので
最近は羊の肉で料理しています。


変更

そうそう、住所のせます。


同僚曰く
今までみんなに教えた住所じゃなく、
こっちの方が早く届くらしいです。

あんまり変わってない気はするけど...一応。
ちなみに、上3行は職場の名称です。

Mell MioYokose
Ministére de la Santé
District Sanitaire de Saponé
DRS Centre-sud
BP06 Saponé Burkina Faso

Tel:50-40-56-06(職場の固定電話)

ありがとう

小包が届きました。

3か月もかけて やっと着いた!!!



思い起こせば3か月前...

4・5月の乾季かつ猛暑。
暑いし食欲ないし、
けど食べとかなきゃって思っても 食べるものはないし
村のマルシェに行っても 生野菜は玉ねぎとオクラだけ。
首都に行くたびに 高いジャガイモやインゲンを購入して運んだり
ブルキナベの友達にお願いして買ってきてもらったり。
といっても首都にある野菜の種類もそう多くはありません。

日本のスーパーがどんだけすごいのか
「栄養バランス良く食べましょう」ということが
ブルキナではどんだけ難しいのか
身をもって知ることができました。


で、そんな時期に お願いして送ってもらった小包。
わさび、豆板醬、ソーメン、ゼリー...
DSCF2941.jpg

あんこ、ぼんたんあめ、ぽたぽた焼き
ってチョイスがなんともね(笑)


 弟よ、ありがとう。


※あ、かなり苦労した風に書きましたが、
 毎日ビール飲んで元気でした。
 ブルキナがイスラム色濃い国じゃなくてよかった~(笑)
 あと、マンゴーも毎日食べてたしね。

※ちなみに、現在は比較的涼しくて
 ほぼ毎日降る雨のおかげで野菜もいっぱい!!
 食べるものには苦労しておりません。
 ご心配なく~!


61f7af48ae9df86ebb65203114a6e09b[1]
ブルキナのビールは3種類
・ブラキナ
・ソベブラ
・ボッフォー


あたくしは ブラキナ派です。

ブルキナ食②

只今 マイブームのブルバカの葉
DSCF2799.jpg

この葉っぱを乾燥させてスープ等に入れて食べます。
ブカルバ

この間、マルシェでおばちゃんからブルバカの葉を買おうと思い
片言の現地語(モレ語)で交渉してたら、
よく分かんないうちに、洗濯桶1杯買うことになっちゃった。
20Lのビニール袋2つにぎゅうぎゅう 

しめて300Fcfa(約60円)


さっそく帰ってトーとブルバカソースを作りました。


レシピは簡単。

・たまねぎ
・トマト
・なすび     をちっちゃめに切って油で炒めます。

で、水を加えてぐつぐつ煮込み、マジーと調味料を加えます。
この調味料が大切!!
miso.jpg
・ポタス(左上)--------------塩化カリウム   
・ポワソンセック(右上)------乾燥魚
・スンバラ(中央下)----------ブルキナ版 納豆


じーっくり煮込んでとろみが十分ついたら完成☆
ozeiyu.jpg
で、とうもろこしのトーと一緒に。
これが本当に おいしぃ~!!


・・・写真じゃ伝えきれないのが残念です。

ブルキナ食①

本日は食事の話。

ブルキナの主食は代表的な料理は
リグラ(米を油でいためた野菜と炊いたもの)
リグラ

リソース(米にソースをかけて食べる、カレーみたいな)
?リソース

ベンガ(豆ご飯)
アチャケ・クスクス
写真は 豆ごはん+クスクス+野菜いろいろ

トー(粉を練って作るおもちみたいなヤツ)
to-.jpg
tou.jpg
に、ソースをかけて食べる。



このソースにはいろんな種類があって、
メジャーなのはトマト、オクラ、落花生のソース。

私のお気に入りは カポキ(なんかの花)
DSCF2914.jpg

バオバブの葉、
バオバブ

あと、酸っぱくてあんまり好きではないけど
栄養価の高い オゼイユの葉ソース
P1000454.jpg

そして、今ハマっている ブルバカ葉のソース。
burubaka.jpg

これが 村のマルシェだと
一皿50~100Fcfa(10~20円)で食べれちゃいます。

庭の野菜たち

本日は うちの庭紹介を。



こちらです。
DSCF2890.jpg
すごく広くて運動会ができそうなくらい。
ここで いろんな野菜を育てています。

反対側から見るとこんな感じ。
DSCF2901.jpg
手前から ひよこ豆、オクラ、じゃがいも、なす、
右の茂ってるところが とうもろこし。

図
落花生

painn.jpg
パイナップル

知ってました?! パイナップルって、
頭の部分をそのまま土に植えるだけでOKなんですって。




最近の日課は、朝夕の草むしり。

日本で 休日に庭の手入れをしている母を見ながら
「よくやるなー。面倒くさくないのかなー?」
って思っていた自分。

ブルキナで 草むしりをしながら母を思い出し
「私も年とったなぁー」としみじみ感じる 今日このごろ。

ラマダン

明日、8月11日より
イスラム教徒の 断食(カレム) が始まります!



※ 断食 : イスラム教徒の苦行の1つ。年に1度1ヶ月間、日中(朝5時~夕方6時半)は、水・食べ物を一切口にしてはいけない。月の満ち欠けによって始まりと終わりの日が決まる。今年は8月11日~9月9日。
※日本では「ラマダン」と習ったけど、ラマダンは断食最終日のお祭りのことで、断食期間1ヶ月は「カレム」と言うらしい。


ブルキナのイスラム教徒はそんなに厳格ではなく、
特に村では伝統宗教と混ざっていることもあり、
人によってだけど...豚も食べし、お酒も飲む人が多い。

どれくらいの人が断食をするの分からないけど、
この暑いアフリカで 日中水を飲まずに乗り切るなんて。
体調崩さなきゃいいけど・・・

私は断食後のお祭り、ラマダン の方が楽しみ~
そして、その70日後に行われるお祭り、タバスキ 。
羊をさばいて ごちそうを作るんだって!!


DSCF2352.jpg
サポネのモスク。
うちの村はクリスチャンの方が断然多いので、モスクは村の外れにひっそりと建っています。

Appendix

Profile

みお

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

みお

Author:みお
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。