Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バオバブ

アフリカといえば バオバブの樹
バオバブ2

太い幹に歪な形の枝が出ていて、
上下をひっくり返したような奇妙な樹形。
アフリカでは「知恵の樹」とも言われて大事にされています。

今の時期はこんな感じ。
バオバブ2.。
雨季の間に水分を蓄えて生茂ってます。

アフリカではバオバブの葉・実を食べます。

葉っぱは雨季開始~(6~12月くらい)
バオバブ
玉ねぎ・トマトなどの野菜と煮てソースに。

実は雨季終了~(11~2月ごろかな?)
バオバブ1
皮を割って、種と繊維の間に詰まってる、
バオバブの実
この白い部分を食べます。
なんだろなー、食べたことあるようで思い出せない味。
ラムネの甘さを控えて酸味を加えた感じかな?? 
スポンサーサイト

キケン...

うちの犬...
pikokui.jpg

庭の隅でこそこそ何かしてるなと思っていたら。

なっなんと、小鳥を捕まえて食べてました。
pipi.jpg

ひょぇ~!!!
お願いだからヒナを襲ったりしないでよ!

ひよこ

雛を温め始めて3週間。

夕方仕事から帰ってくると、ピヨピヨ雛が孵ってました!
しかも、いっぺんに15羽も。
piyo.jpg

たしか、毎日1個づつ産んだはずだから...
毎日数個づつヒナになるのかな~??と思っていたので
けっこー びっくり。
それとも何日かかけて孵ったけど気付かなかっただけかしら?

乾季

お久しぶりです。
いやー、最近ネットの調子が悪くて。

ブルキナの雨季は終わり、乾季に突入しております。
あんなに勢いのよかった川や水溜りはすっかり姿を消し、
乾燥した空気とものすごい砂ぼこりに悩まされ中。

うちの庭も がらりと姿を変え、
pimi.jpg
 
piyokui.jpg
乾季

枯れてます。
せっかく植えた樹たちも...すごい勢いで枯れていってます。

肌もカサカサパリパリ、枯れそうです。

恐ろしやー、乾季。

これから来年の5~6月まで雨が降らない生活。
大丈夫かしら。。。

SIAO

10月29(金)~11月7(日)までの10日間 
アフリカ国際民芸市 SIAO
(Le Salon International de l'Artisanat de Ouagadougou)
が始まりました。


2年に1度、アフリカ各国から民芸品やら食べ物などが集まる
ブルキナの一大イベント。全体的にお値段はだいぶ高めだけど
掘り出し物があったり、いろんな国の人に会えておもしろい。

開会式にはブルキナ大統領が来るというので早朝に出発、
レッドカーペットが敷いてあったり、兵隊がいっぱいいたり
すごい雰囲気!
siao1.jpg
siao2.jpg
けど、結局大統領は来ませんでした。残念。

開会式では歌や伝統ダンスなどいろんな出し物あり、
siao4.jpg

siao3.jpg

各ブースにはめずらしいものがいっぱい!
siao5.jpg
トーゴのマスク

siao7.jpg
ガーナの布、アクセサリー

siao6.jpg
モダンアート

夕方にはサポネに帰ってこなきゃいけなかったので3時間くらいしか滞在しなかったけど、開会式の後特別に外国人は早めに中に入れてもらえて、人が少ない中ゆっくり買い物できたし、マスクやダンスも見れて大満足。充分満喫できました。

今週末もワガに上がる予定なのでもう1回行っとこうかな―と思ってます。




たまごのその後

毎朝1個づつ目玉焼きにして食べよ~!
と思っていた たまご ですが...

先週、健康診断で家を留守にした間に
メス2羽とも卵を産むのを止め、温め始めたようです。
DSCF4382.jpg
この子が14個

DSCF4379.jpg
黒い子が11個

卵が食べられなくなったのは残念ですが、
いつ鶏肉祭りできるかなーと楽しみでもある今日この頃。

早く ひよこ にならないかな~。

結婚式

イスラム教徒の結婚式は1週間かけて行われます。

まず1日目(土曜日)
 婿方の家族がお嫁さんを迎えに行きます。
 この時お婿さんは迎えには行かず、自分の村で到着を待ちます。

 お嫁さんの村でお祝の儀式をした後、車で婿方の村へ。
 到着後、お嫁さんは白い布で顔を隠しながら移動し、
maria.jpg
 4日間婿とは別々の家で身を隠して過ごします。
 この間は男性はお嫁さんのいる部屋には入れません。

夜、外では伝統音楽に合わせてダンスダンス!
mariage.jpg

プル族の伝統音楽は、カルバスという器を手で叩いたり
水の上に浮かべて棒でリズムをとるシンプルなもの。
mariag.jpg
けど、月明かりの下で繰り広げれられる
このリズムと歌声、ダンスがなんとも神秘的。


2~3日目は特にこれといった儀式はなく

4日目(火曜日)の夜、
 4日ぶりに婿とお嫁さんが顔を合わせ、お祝の儀式の後
 晴れて夫婦と認められます。



今回のお嫁さんは20歳。
初めて自分の村を出て、これから始まる新しい生活。
うれしさと不安からか、目を真っ赤にして泣いていました。

マリッジブルーですっけ?
どこの国も同じなんだな―と思いました。
la femme

結婚

この週末、結婚式に行ってきました。
 
友達家族はイスラム教徒、プル族。
宗教、民族によって結婚の形は様々。

イスラム教は一夫多妻制。
1人の男性が4人まで奥さんを持てます。

友達のお父さんは57歳、奥さんが2人。
去年新しい奥さんを貰ったらしい。

第一夫人(友達のお母さん)54歳。
1.jpg

第二夫人28歳。私と同い年。
2.jpg


友達のお父さんはダンディーだし優しいし...
けど、親がこの年になって新しい奥さんをもらうなんて―
しかも自分と同じかそれより若い奥さんをーー

村ではよくあることなんだけど。
それが文化だから仕方ないんだけど。
本人たちが納得してるんだからいいんだけど。

けど...すんなり受け入れられないよ。

あぁー、なんだかなぁー。 複雑な気持ち。


続きを読む

Appendix

Profile

みお

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

みお

Author:みお
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。